2009年 12月 07日
秋の広寿山福聚寺
e0153963_11351970.jpg

広寿山福聚寺
1665年(寛文5年)に小倉藩小笠原初代藩主忠真が菩提寺(一族をまつる寺)
として建てたものです。(北九州市のHPより引用)


長府の長編シリーズの後、何をアップしようかと思ったのですが
やはり訪ねた順にアップするのが、自分の中で整理しやすいかなということで
11月28日に行ったここを2回に分けてアップします。
春に枝垂桜を撮影に行って、見事なモミジの木を見ていたので
秋になったら行ってみたかったんですよね^^
ちなみに、春の様子はこちら→ 

e0153963_114522.jpg

やはり!想像していた通りにきれいな紅葉~♪
この門は、建てられた当時のまま残っているようです。

e0153963_11455450.jpg


e0153963_1155151.jpg

小笠原家の家紋入り鬼瓦が埋め込まれた塀。
門扉が卍模様だったことに、帰って画像編集中に発見。
その場で気がついていれば・・・

e0153963_120070.jpg


e0153963_1204219.jpg


e0153963_1221368.jpg

本堂裏手の大きなモミジ

e0153963_121412.jpg


e0153963_1235126.jpg


e0153963_124365.jpg

額縁のようで好きな1枚・・・
もうちょっとアンダーで撮ればよかったかなぁ~反省・・・

明日に続きます。


ランキングに参加しています。
お気に召す一枚がありましたら↓をクリックお願いします040.gif

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
皆さんのワンクリックがとても励みになっています。
応援よろしくお願いします♪




日々の出来事や思いを綴るブログ「なないろの日々」です。

よろしかったら遊びに来てくださいませ☆

[PR]

by nanairo-nanako | 2009-12-07 12:08 | 風景


<< 秋の広寿山福聚寺(その2)      長府・・・秋の風景(その2) >>